頭蓋骨一般モデル

 

それは耳の小窩を数えずに22本の骨で構成されています。顎を除いて、それらは不動であり、縫合によって互いに接合される。

頭蓋骨は、脳を収容する頭蓋腔を形成する上部(cal)と、下部と、顔面骨格(頭蓋内)と、

カラットを構成する骨は、側頭骨および頭頂骨、対である。正面、蝶形骨、篩骨および後頭部、奇妙である。

顔骨格を構成する骨は、鼻骨、口蓋骨、涙液骨、頬骨、顎、下鼻殻、対、および奇妙な奇形である。

前のビュー

頭蓋骨の前面図では、額は上の領域で、下の領域では、軌道、鼻領域、軌道、上顎と顎の間に位置する顔の部分で区別される。

正面骨

額は軌道縁の一部でもある前頭骨によって形成される。

各辺の軌道稜線の真上には、超弓弧と呼ばれる高度があります。超親指のアーチは女性よりも男性でより顕著である。それらの中には、小さなうつ病(うんざこ)

各軌道の上軌道リムの中央領域において、眼窩上部窩(supraorbital notch)が明確に識別される。

正面の骨は、内側に、内側の軌道縁の一部を形成するより低い延長を放出する。

横方向には、正面の骨は別の劣った延長を発し、頬骨の棘は軌道の上側の側縁を形成する。このプロセスは、頬骨の前頭部に関節接合されている。

頬骨および鼻骨

頬骨(頬骨)は、外側眼窩リムの下側部分と、下側眼窩リムの外側部分とを形成する。

鼻領域に優勢に、対になった鼻骨は、正中線で互いに、そして正面骨で優位に連結する。

鼻骨を正面骨で関節接合することによって形成された正面縫合縫合の中心は、鼻孔を構成する。

各鼻骨は、各上顎骨の正面プロセスと横方向に関節接合する。

鼻領域では、鼻孔領域は下側に大きく開口している。このオリフィスは、鼻骨によって優位に制限され、上顎骨によって横および下に制限される。

鼻孔には、鼻中隔骨の下部を形成し、前方の鼻脊柱の前部で終結する融合鼻稜と、下鼻甲介とが見える。

上顎骨

上顎骨は、軌道と上の歯との間の顔の領域を占める。

優位には、各上顎骨は、下窩および内窩骨隆起を形成するのに寄与する。各上顎骨は、頬骨の骨と横方向に関節接合する頬骨形成過程と、正面の骨と内側に関節接合する正面の過程を有する。

上顎体は下側に位置しており、これは鼻腔の開口部の側方上顎の部分に対応する。

眼窩下孔は、下眼窩リムのすぐ下の上顎体の前面に位置する。

劣って、各上顎は歯を含み、上顎を形成する肺胞プロセスで終わる。

頭蓋骨の前面図において、下顎骨は最も低い構造である。これは、前顎の体と後ろからの下顎の枝によって形成される。両方の部分は後で顎の角度で出会う。ジョーのこれらの部分はすべて、前のビューで部分的に表示されます。

顎の本体は、任意に2つの部分に分割される。下部は顎の基部であり、上部は顎の肺胞部である。

顎の歯槽部分には歯が含まれています。顎の基部は、顎の2つの側面が会合する前面(顎)の正中線に隆起を示す。精神的隆起のすぐ横は、わずかに高い領域(mentonian塊茎)である。

 側方には、肺胞部の上端と顎の基部の下端との間の中間の精神穿孔が観察される。この穴に続いて、下顎枝の前部から下顎の身体に向かう尾根(斜線)がある。斜めの線は、下唇を押し下げる筋肉の挿入点である

 

頭蓋骨正面図1

頭蓋骨正面図2

頭蓋骨正面図3

頭蓋骨ベース

頭蓋骨側面図1

頭蓋骨側面図2

頭蓋骨背面図

頭蓋骨底面図1

頭蓋骨底面図2

頭蓋骨顎

 

側面図

頭蓋骨の側面図では、その外側の壁が観察され、カロットの側方領域、顔の骨格および顎の中央から構成される。

カロットの外側部分を形成する骨は、正面、頭頂葉、後頭骨、蝶形骨および側頭骨を含む。顔の骨格の目に見える部分を構成する骨は、鼻、上顎および頬骨を含む。顎は下顎の目に見える部分を形成する。

シェルの側部

殻の側方部分は正面の骨で前方に始まります。その上端部において、前頭骨は、冠状縫合によって壁側骨と連結する。頭頂骨は、次に、ランボイド縫合によって後頭骨と連結する。

カロテットの側方領域の下部領域において、正面の骨は、棘状突起のより大きい翼と連接し、これは棘頭骨縫合によって頭頂骨と、側頭骨の内縁と関節接合するsphenoscamosal縫合によって

頭頂葉、頭頂葉、蝶形骨および側頭骨が非常に近い領域は羊膜と呼ばれます。

腓腹筋の側方領域の下部の最後の関節は、後頭筋縫合によって側頭骨と後頭部骨との間に確立される。

一時的な骨

側頭骨は、頭蓋骨の外側壁の下側部分の大きな部分を構成する。その部分では、以下の部分を区別することができます:鱗状部分、側頭骨の前方部分および上方部分を形成する大きな平らな表面は、頭蓋骨の外側壁に寄与し、 (schenoscamosal)縫合を用いて、そして上腕骨(scari suture)を用いて頭頂骨

頬骨形成過程は、側頭骨の扁平部分の下面から最初に横方向に突出し、その後、頬骨の弓状突起を形成する頬骨の側頭骨と明瞭になるまで前方に湾曲する前方骨突起である。側頭骨の鱗状部分の頬骨部分の直ぐ下に鼓室部分があり、外耳道(聴覚口)に至る外部音響開口がその表面にはっきりと見える。

通常、説明の目的のために、歯茎状の部分は、石灰質または岩質部分および乳様突起部分に分けられる。

乳様突起領域は側頭骨の最も後方の部分であり、頭蓋骨の側面図に見られるペトロマーストイド部分の唯一の部分である。前部は、頭頂葉縫合によって頭頂骨よりも上に関節接合された側頭骨の扁平部分で続き、その後、後頭部骨縫合を介して後頭部骨と連続する。これらの2つの縫合糸は互いに連続しており、壁様縫合糸は鱗状縫合糸と連続している。

側頭骨の乳様突起部分の下縁から、様々な筋肉の挿入点として機能する、大きな骨の突出(乳様突起)が下方に突出する。

 乳様突起の内側には、側頭骨の下縁から突出している。

 

顔の骨格の目に見える部分

頭蓋骨の側面図では、以下のように、鼻骨、上顎骨および頬骨を含むさまざまな内臓骨が観察され得る:

小さな鼻骨の1つ、ペア。中部、下側の領域の上顎、歯を含む歯の肺胞は上顎を形成する:上顎骨は下縁および内窩縁の形成に寄与する。内部領域では、その正面のプロセスが正面の骨と横につながり、頬骨のプロセスは頬骨と関節接合する

丸い外面が頬の突出を形成する不規則な形態の骨である頬骨は、この側方視力の中心的要素であり、

上顎骨の頬骨固定過程による関節運動による下眼窩リムの形成;その前頭面のプロセスは、外側の眼窩リムの形成に関与する正面の骨の頬骨の隆起と関節接合する。頭蓋骨のこの側面図では、頬骨の水平側頭頂部は後方に突出して側頭骨の頬骨内隆起と関節接合し、頬骨弓を形成する。

小さな穴(頬骨の顔の穴)は、通常、頬骨の側面に見られます。

下顎骨は、頭蓋骨の側面図に見られる最も下位の骨格構造である。前側部分、または下顎体および後部部分または下顎枝が区別される。

顎の角度は、下顎の胴体の下縁と下顎の枝の後縁との合体を表し、歯は下顎体の歯槽部分に位置する。この側面図では、精神的隆起を観察することが可能である。

精神穿孔は下顎骨の本体の側面に位置し、下顎枝の上端には顆状突起および冠状突起が観察される。

顆は側頭骨と下顎の関節接合に関与し、冠状突起は側頭筋の挿入点である。

背面図

頭蓋骨の後部では、後頭部、頭頂部および側頭骨が観察される。

後頭骨

頭蓋骨のこの見方では、後頭部骨の中央で観察される主な構造であり、縫合糸によって側頭骨対と最もよく関節接合し、縫合糸によって一時的骨と側方につながる平坦な領域後頭部腫瘤。ラボイド縫合に沿って、小さな骨の島(縫合骨またはワームの骨)を見ることができる。

後頭部の骨では、多くの解剖学的詳細が区別される。正中線には、突起(外側後頭部隆起部)があり、そこから湾曲したラインが上側のヌチュラルラインを(側方に)投影する。外側の後頭部隆起の最も突出した点はイオンである。上の神経線から約2.5cm、側方に2本の曲線(下の神経線)があります。外側の後頭部は、外側の後頭部の突起から下方に延びている。

一時的な骨

頭蓋骨の後部視野では、側頭骨に顕著な乳様突起を伴って側頭骨が観察される。各乳様突起の輪郭の縁には、胃(乳頭切歯)があり、これは、胃筋の後方腹の挿入点として働く。

トップビュー

頭蓋骨の優れた視野では、前頭葉、頭頂骨および後頭部骨が観察される。これらは、頭蓋頭蓋冠(頭蓋冠)の上部を形成する骨を形成し、

前後の方向では、以下のように区別されます。単一の正面骨は、頭頂骨を冠状縫合で関節接合し、2つの壁側骨は、矢状縫合を通して正中線で互いに関節運動する。頭頂骨は、ランボイド縫合によって後頭部、単一の骨と関節接合する。

矢状および冠状縫合のコンフルエンスはブレグマを構成し、矢状および腺様縫合の合体はラムダと呼ばれる点を形成する。

頭蓋骨のこの図の唯一の目に見える穴は、矢状縫合の側部の各壁面に1つずつ、その後部領域に位置する頭頂穴である。

シェルを構成する骨は、特徴的な構造を有しており、緻密な骨の密な内部および外部の表からなり、海綿骨の層(ディプロポ)

底面図

頭蓋骨の下側の図では、その基部が観察され、前歯は中切歯から前側に、上顎側の神経線は後部に、横方向は乳様突起および頬骨のアーチまで延びている。

説明のために、頭蓋骨のキスは、通常、歯と骨の口蓋を含む前部と、硬口蓋の後部から後部の大孔の前縁まで延びる中間領域と、穴の大臼歯の前縁から上の神経根線まで伸びる

前のパート

頭蓋骨の基部の前部の主な要素は、歯と骨の口蓋です。歯は両方の顎の肺胞アーチから突出する。これらのアーチはU字型をしており、三つの側面すべてに硬口蓋に接しています。

 骨の口蓋は、上顎骨の両方の口蓋のプロセスによって形成され、後に各口蓋骨の水平の薄層によって形成される。

各顎顔面の両頭頂骨は、顎間縫合を通して正中線に入る。上顎骨と頭頂丘骨の対は、腹腔縫合縫合によって関節接合され、各肋骨の水平椎弓板は、腸間膜縫合によって正中線に結合される。

硬口蓋を検査するとき、以下の解剖学的詳細が区別される:

前側正中線において、歯の直後は切開窩であり、その壁には鋭利な孔が含まれている(硬口と鼻腔の間の通路を表す切歯のコストがより低い)

両側に骨の口蓋の後外側境界の隣には、より大きな口蓋腔につながるより大きな口蓋孔がある。

各口蓋骨のピラミッドプロセスでは、より大きな口蓋孔の後部に、小さな口蓋孔があり、小口蓋口につながる。

骨の口蓋の自由な後縁の中心線には、鋭い骨突出(後鼻脊椎)が観察される

中部地域

頭蓋底の中央領域は複雑である

その前半には、鋤骨と棘状骨があります

その後半には、後頭部の骨および側頭の対

前半

Vomer

声門骨は、蝶形骨の上、真ん中に位置しています

これは、両方の分離した鼻中隔骨の形成に寄与する

Sphenoids

蝶形骨は、頭蓋骨の基部の中央領域の前半の大部分を構成する。

それは中央に位置する本体を持ち、そこから大きな一対の翼ともう1組の小さな翼が横方向に突出している。尾側方向では、翼状突起のプロセスが、各鼻孔のすぐ側に投影される。

 頭蓋骨の下側の図では、蝶形骨の3つの部分が観察されている:体、より大きな翼および翼状突起のプロセス

ボディー

蝶形体は、中央に位置する骨の立方体であり、中隔によって隔てられた2つの大きな空気圧洞を有する。それは以前に声門、篩骨および口蓋骨と関節接合されていた:側頭骨後代後期および後期骨付き

翼翅目プロセス

翼状突起は、身体とより大きな翼との間の接合部から尾側方向に突出している。各棘状突起は、狭い内側薄層および翼状窩によって分離されたより広い側方薄層を有する。

翼状突起の各中間プレートは、翼状突起のフックである不均一な突起によって下方に終わり、翼状突起の窩が小さくて平坦な窩を形成する。翼翅目プロセスの内側の薄層の根元の舟状窩とすぐに優れており、前裂孔の前縁付近の翼状動脈開口部に位置する

グレーターウイング

棘状部のより大きい翼は、翼状突起プロセスの側方薄層に対する側方および後外側である。それは頭蓋骨の底とその側壁の両方の一部を形成する。それはまた側頭骨と側方および側方の関節を成している。

より大きい羽の表面の下側の図では、翼後縁処理の側板の上端付近の後縁に、楕円形の孔と棘状突起の2つの重要な構造が観察されている。

後半

頭蓋骨の基部の中間領域の後半部は、後頭骨と側頭骨で構成される。

後頭骨

後頭部の骨、より具体的には基底部は、正中線にあり、蝶形体のすぐ後ろにある。それは、孔の大臼歯に向かって後方に延び、側頭骨によって横方向に制限される。

後頭骨の基底領域では、咽頭結石が目立ち、頭蓋骨の基部に咽頭の構造が挿入される骨の隆起が現れる。

一時的な骨

後頭部骨の基底領域のすぐ側方は、各側頭骨の石灰化領域の斑状部分である。

側頭骨の斑状部分はくさび形の前尖を有する。これは、前方蝶形骨のより大きな翼部および後頭骨の基底部に限定される。その頂点は、生命の間に軟骨が占める不規則な開口である引き裂かれた穴の限界の1つを形成する。

引き裂かれた穴は、後頭部骨の基底部によって内側に、蝶形体によって前方に制限される。

後外側には、既に側頭骨の歯状部にある裂けた穴が、頸動脈管の大きな円形の開口部である。

側頭骨の柄部分と蝶形骨のより大きな翼との間に、溝が咽頭涙管(trompaauditiva)の軟骨部分のために配置される。この溝は、咽頭腔用チューブのために、側頭骨の歯状部に骨管を伴って​​後十二指腸に続いている。

蝶形骨のより大きな翼の側方に位置する側頭骨の尺度は、顎関節を形成する。これは、下顎窩を含み、顎の頭部が頭蓋骨の底部につながっている凹面である。顕著な心房結節は、この関節の重要な解剖学的詳細であり、下顎窩の前縁の劣った投影からなる

戻る

頭蓋骨の基部の後部は、大円虫の前秩序から後部の上鼻腔の線まで延びている。後頭部の骨は中央にあり、側頭骨は側方に形成されている

後頭骨

後頭部の骨は、頭蓋骨の基部のこの領域の主な骨の要素である。それは、大穴の周りに4つの部分が編成されています。この穴は、この領域の重要な解剖学的な詳細であり、そこを通って脳脊髄が続きます。これらの領域は、大水の後ろのスケールです。それの前の基底部との間にある。

側方部分および縮尺は、頭蓋骨の基部の後部領域の構成要素である。

頭蓋骨の基部を検査すると、後頭部骨のスケールの最も顕著な特徴は、後頭部の突起から孔の塊まで下方に伸びる骨の紋(外側の後頭部の紋)である。下部の神経線は、この隆起部の中間点から横方向に延びている

開孔嚢のすぐ外側の後頭部骨の側方部分は、多くの解剖学的詳細が重要である。

開円镜の前外側辺縁の両側に、後頭顆が観察され、アトラス(C1)と明確な丸い構造が観察される。各顆の後部は顆(顆窩)であり、これは顆管を含み、前部および前部に大きな舌下ダクトがある。舌下の各ダクトの横方向は、頚部孔と呼ばれ、後頭部および側頭骨の頸部ノッチの合体によって形成される不規則で大きな孔である。

一時的な骨

側頭骨は、頭蓋骨の基部の後部領域の側方部分を占める。この領域で目に見える側頭骨の部分は、石灰化領域の乳様突起部分および茎状突起である

乳突起部分の側方境界は、下面から突出する大きな円錐状の乳様突起によって識別される。この優れた骨構造は、様々な筋肉の挿入のポイントです。乳様突起の内側の側面には、別の筋肉挿入点である深い乳様切歯がある。

乳様突起の前部は、経頭骨の下縁から突出する針状構造である茎状突起である。また、茎状突起は、多数の筋肉および靭帯の挿入点を表す

最後に、茎状部と乳様突起の間には、

一般的な頭蓋骨

それは下面に平らにされた中空の卵形の形状をしており、より大きな四肢は後方に向いており、軸は上から下に向かって斜めに向けられている。

これは、外面または体外表面および別の下または内膜表面を提示する。中央正面隆起部および外側後頭部隆起部を通る水平断面によって2つの部分に分割すると、上側部分がボールトであり、下側部分が基部である2つの部分が生じる。

ボールト

内装構成それは正面、頭頂および後頭部で構成され、中正面の紋章の正面中央に表示されます。この背後には、上縦洞に対応するチャンネルが延び、その側面にはPacchioniの小体を収容するくぼみまたは窪み、ならびに2つの頭頂孔がある。頭頂壁の凹面は、中央のメニスネックスの分岐によって成形された血管の印象を運ぶ。正面窪み、前頭頭葉または冠状縫合糸、頭頂洞穴、顎舌骨縫合糸および後頭脳窩もまた見られる。

外観構成:それには、優れた地域または適切な金庫と、別の側面または一時的な地域が含まれます。正中線および前部の第1部分は、後頭部丘の中に位置し、その後ろに二腔型縫合糸が始まり、前頭部とブレグマを形成する。前記縫合糸の上部には、その両側に1つずつ、2つの頭頂孔が観察され、頭頂部にはラムダを形成する後頭部鱗がその終端に観察される。スケールのこの場所は時にはepactal骨によって占有されます。側頭、頭頂および後頭部は突出しており、最初と最後の間に縫合が行われる。大人には前頭頭骨または冠状動脈、後頭頭頂葉またはランボイデアはほとんど見られない。側方部分では、側頭窩は上側頭部曲線によって制限されており、これには側頭骨棘が挿入され、その筋肉と篩骨孔、前頭臼歯縫合、軌道隆起、前棘状縫合糸。前頭臼歯縫合においては、篩骨洞と連絡する2つのオリフィスがあり、その前部は前篩状動脈および内鼻神経につながり、後篩状動脈および棘状突起神経は後部を通過する。

基部の中間床は、光路および蝶形骨の下翼の後縁によって、そして後にこの同じ骨の四辺形プレートおよび岩の上端によって制限される。トルコのサドルは中央に立っています。中央には光路がありますが、蝶形の四辺形板の上端は後ろにあります。セルカの脇は、海綿静脈洞と内頸動脈を運ぶ両方の海綿体チャネルによって定義される。この窩の角度は、2つの前方クリノイドプロセスおよび2つの後方クリノイドプロセスによって示される。

蝶形窩または石油 - フェノイド状窩は、蝶形岩のより大きな翼の内側と岩石の前部上面によって形成される中央線の側に位置する。そこには弓形の隆起、tegmen tympani、ガッサーの神経節を持つメッケル腔を収容するガッサー窩があります。これらのピットには、別のオリフィスもあります。まず、正面から始まると、軌道を持つ頭蓋骨に関連する蝶形の裂け目であり、神経モーター眼の共通、外部の眼球運動、哀れみ、その最も内側の部分はZinnのリングへの挿入として役立つ。より大きな円形の穴は、上顎神経を通過させる。楕円形の穴、下顎の神経、および小さな髄膜の神経。アーノルドの無意味なダクト、浅いと深い石灰質の倫理的な神経節に行く。

中央の髄膜に小さな丸い穴。 vesalioの穴、使徒の静脈へ。ファロピオの裂け目と付属器の裂傷、2つの浅い石灰化、顔面の枝、および

深いペトロサールは、ヤコブソンの神経の中で生まれています。視神経は前裂孔を通過し、それをシールする線維軟骨膜を通過する。

岩石の頂点のレベルに位置する頸動脈ダクトの内部オリフィスを通って、内頸動脈が押し出され、次いで海綿静脈洞に導入される。

後部床には、側方洞の水平チャネルを通る平面、中間領域の後ろ、後ろに限界があります。基底管の正中線のサンプルで、環状の突起、髄腔長脈および基底幹を収容する。後頭部窩洞は、髄腔角傍およびその包絡線、ならびに椎骨動脈および脊髄神経を横切る。内部後頭部隆起部で終わる内部後頭部稜部。最初に、小脳の鎌が挿入され、第2の脊髄は上縦、直腸、側頭および後頭後頭洞の合流を取り囲み、こうして貪食餌を形成する。

小脳窩は尾根の側面にあり、その中にいくつかの運河が開いている。これらの中には、岩石の上端に位置し、その新鮮な状態で海綿静脈洞と連通する優れた胸窩洞静脈洞によって形成された、優れた胸腔がある。内部の耳道は、岩の後腹部にあり、底部は4つのピットに分けられ、そこを通ってWrisbergの聴覚、顔面および仲介神経を通過する。以前のものの外に位置し、内リンパ嚢を収める前庭の水道管。前顆の穴は、より大きな舌下神経への道を与える。顆頭後の穴、吻合静脈へ。横チャンネルは、後頭部の突起部から始まり、後部の裂けた穴で終わる水平部分および垂直部分を含む。これらのチャネルの垂直部分には乳頭静脈孔があり、この静脈孔を介して、放射静脈が頭蓋内循環系と外囲器とを連通させる。下胸鰭管は、同名の乳房を収容しており、石けん縫合糸に位置している。最後に、後部の裂けた穴は、後頭部の前縁部および岩石の後縁部によって形成され、頸静脈によって2つの部分に分割される。前部は舌咽頭神経を通過するが、後部は2つに分かれ、肺動脈および脊髄神経の前部を通って、側部洞は背中を通して内頸静脈になる。

外部構成

基部の外面は、中正面の隆起から出発して、軌道アーチを含む外部軌道プロセスに向けられ、ダクトおよび眼窩上部切欠きが位置する線によって外接される。次に、蝶形骨のより大きい翼の前縁に沿って、この線は、脊椎動物の紋章を続けて、頬骨の突起の縦方向の根および後頭部の湾曲を追跡し、後頭部突起部で終わる。

基部の外面は、前方頬側塊茎を通過する横断線によって2つの部分に分割される。前部はフェイシャルと呼ばれます。後方のものは、乳房突起プロセスを結合する別の横断線のおかげで、2つの部分に分けることができます。結果として得られる部分のうち、平均は頸静脈と後頭部と呼ばれます。}

前部または顔面この領域の真ん中の線は、正面から始まって、正面の鼻の背骨、垂直の板

エトモイドと下棘突起との間に存在する。横方向には、篩骨の篩板および蝶形体が観察され、さらに、篩骨洞および鼻孔のドームの側方塊が観察される。

嗅孔、篩骨裂、篩骨孔、前方及び後方篩骨洞、蝶形溝及び蝶形洞の開口もこの領域に位置する。

中部または頸部。正中線は、咽頭結節および舟状窩を伴った後頭部の基底突起を特徴とし、前腸の挿入、頭部の大部分および小部分のための粗隆起を備えている。基底膜プロセスの両側には、翼状突起プロセスが前方に位置する空間と、後頭部顆状突起が後に位置する空間がある。この空間の外側の部分には、外耳道、胸郭腔があり、頬骨の突起の横方向の根に囲まれ、グライザーの亀裂、より小さい円形の穴および楕円形の穴が位置する。ポストロランタンには、顔面葉を通した茎様孔、後部裂孔は、頸部窩と2つの部分で頸部プロセスによって分割されている。頚動脈の穴は、前部の前に、ヤコブソン運河を運ぶ尾根と岩石の後縁にあるカタツムリの水道との間に配置される。 Eustachian管の管とハンマーの筋肉とが重なり合ってその前縁に位置する。後で内部蠕動の挿入のための粗い表面に行く。後頭部顆頭の前に位置する前顆孔は、より大きな舌下神経への道を与える。最後に、前部および前部領域において、翼状突起が開口され、翼状突起の基部の方に位置し、前部の裂けた穴が、前頚動脈の穴と共に岩の頂点を占める。

背中または後頭部。正中線に後頭部と後頭部稜を示し、その上端から上後頭部湾曲線が伸び、横方向に乳様突起まで伸び、その中間部分から後頭部湾曲線が前部に平行に延びている。それは頸静脈のレベルで終了します。湾曲した線とそれを分ける粗い面の両方に、首の様々な筋肉が挿入されます。正中線の両側には後頭部顆があり、後頭部には伏在静脈があり、頸静脈には甲状窩があり、その頭頂部の外腸への挿入として機能する。および乳頭突起は、後頭部動脈の胃溝および彫刻された印象を外部的に制限する。

 

参考文献

Drake、Vogl、M.Mitchell。学生のための灰色の解剖学。エルゼビア。 (2005年)スペイン:786-801

ルビエール、デルマス。人間の解剖学記述的、地形的および機能的。ボリューム1。頭と首。 10th ed。エド・マッソン:68-73

Schünke、schulte、Schumacher、Voll、Wesker。プロメテウス。解剖学のテキストとアトラス頭部および神経解剖。第3巻エド・パナメリカナ:2-13

Testut、Latarjet。説明的な解剖学の要約。エドサルバト:34-39

Quiroz、F.ヒトの解剖学。第1巻。エド・ポルラ:91-98

 

ヘッドアナグリフモデル

正しい視覚化のためにアナグリフメガネが必要です。